おもしろ化学史

おもしろ化学史 page 56/60

電子ブックを開く

このページは おもしろ化学史 の電子ブックに掲載されている56ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
西暦化学史上のできごと世界と日本の動き1909ベークランド(ベルギー、のちに米)/ベークライトの発明高峰譲吉/タカジアスターゼの創製池田菊苗、鈴木三郎助/『味の素』の工場生産開始1910エールリヒ(独)、秦佐八郎/サ....

西暦化学史上のできごと世界と日本の動き1909ベークランド(ベルギー、のちに米)/ベークライトの発明高峰譲吉/タカジアスターゼの創製池田菊苗、鈴木三郎助/『味の素』の工場生産開始1910エールリヒ(独)、秦佐八郎/サルバルサン(バートンの蒸留装置)の発見鈴木梅太郎/オリザニンの抽出1911オンネス(オランダ)/超伝導現象の発見1911アムンゼン、南極点到達マリー・キュリー(仏)、ノーベル化学賞を受賞(2度め)1912真島利行/ウルシオール(ウルシの成分)の化学構造の決定1913ボーア(デンマーク)/水素のスペクトルを量子論を使って説明1914~18バートン(米)/石油の熱分解蒸留装置を完成(バートンの蒸留装置)第一次世界大戦1917本多光太郎/ KS鋼の発見1917ロシア革命1918黒田チカ/シコニン(天然色素、ムラサキの成分)化学構造の決定ハーバー(独)、ノーベル化学賞を受賞プランク(独)、ノーベル物理学賞を受賞1919ラザフォード(英)/最初の元素人工変換1921アインシュタイン(スイス、のちに米)、ノーベル物理学賞を受賞1922ボーア(デンマーク)、ノーベル物理学賞を受賞1925ハイゼンベルグ(独)/量子力学の確立1927フードリー(仏、のちに米)/触媒によるガソリンの工業的製造法1928フレミング(英)/ペニシリンの発見1930シュタウディンガー(独)/高分子概念の確立、粘度律の発表1931ボッシュ(独)、ノーベル化学賞を受賞1932チャドウィック(英)/中性子の発見ハイゼンベルグ(独)、ノーベル物理学賞を受賞1933ICI社(英)/ポリエチレンの発見1933ドイツにナチス政権成立1934ジョリオ=キュリー夫妻(仏)/人工放射性元素の発見水島三一郎/回転異性体の発見1935カロザース(米)/合成繊維「ナイロン66」の発明湯川秀樹/中間子理論を発表1938シュタウディンガー(独)、ドイツからアメリカへ亡命する1939桜田一郎/日本初の合成繊維「合成1号」の発明1939~451944ウッドワード(米)/キニーネ(マラリアの特効薬)の全合成第二次世界大戦1945フレミング(英)、ノーベル生理学・医学賞を受賞1947ブラッティン、パーディーン、ショックレー(米)/トランジスタの発明1948朝永振一郎/くりこみ理論を発表1949湯川秀樹、ノーベル物理学賞を受賞1950リード(米)/逆浸透膜の発見1951ポーリング、コーリー(米)/タンパク質のα?へリックス構造を発表1952福井謙一/フロンティア軌道理論を発表1953チーグラー(独)/チーグラー触媒の発見ワトソン(英)、クリック(米)/ DNAの二重らせん構造の発表シュタウディンガー(独)、ノーベル化学賞を受賞1954ナッタ(伊)/ポリプロピレンの合成54