なぜなに?かがく実験教室

学校の先生たちが講師の「かがく実験教室」

小学校1年生から4年生を対象とした本格的な「かがく実験教室」です。
土曜日の午後、科学技術館にて、1日2回同じ内容で実施します。
2015年度は年間6回開催します。定員は1回40名で、合計80名。参加費は無料です。参加ご希望の方は本ウェブサイトよりお申込みください。なお、希望者多数の場合は抽選を実施し、当選された方にのみ「参加証」を送付します(落選された方への連絡はしていません。また、科学技術館へのお問い合わせはおやめ願います)。

開催目的

本実験教室は、科学の持つ不思議さを体験し「なぜそうなるのか」を考えることで科学への理解を深め、身の回りにある化学や化学製品に興味を持ってもらうことを目的として毎年開催しています。
面白い・楽しいという一回限りの体験にとどまるのではなく、“生活の中にある不思議”に継続的に興味を持つようになることに重点を置き、中学校や高校・大学の先生による本格的な直接指導のもと、小学校の授業ではなかなか体験できない科学の実験や工作・観察等を行います。

1月20日の「浮き沈みでプラスチックを区別しよう!」の応募開始

1月20日の「なぜなに?かがく実験教室」のテーマは「浮き沈みでプラスチックを区別しよう!」

水に浮くものと浮かないものは、何がちがうのでしょうか?

みなさんはまとめてプラスチックと呼んでいますが、プラスチックにもいろいろな種類があるのです。

みなさんは、見分けることができるかな

今回は、東京学芸大学(教育実践研究支援センター) 宮内 卓也先生と一緒に、

実験を通してプラスチックを区別しましょう!!

 

応募は12月20日まで。

応募者多数の場合は抽選の上、当選者にはメールでご連絡いたします。

コチラから。

 

 

 

 

 

全6回開催しますが、お申込みはその都度になります。締切りなどのスケジュールは下欄をご参照ください。

■ 開催日とテーマ

  • 不思議なカラーマジック!
    講師:宮本 一弘 先生(開成学園中学・高等学校) 応募締切り:5月8日
    開催日:5月27日(土) 参加証送付:5月初旬
  • 消せる書道液の秘密
    講師:高梨 賢英 先生(東京学芸大学) 応募期間:6月5日-6月23日
    開催日:7月15日(土) 参加証送付:6月下旬
  • ひえひえスライムとぽかぽかスライム
    講師:兼 龍盛 先生(江戸川学園取手中・高等学校) 応募期間:8月10日-8月30日
    開催日:9月30日(土) 参加証送付:9月第2週
  • ヤジロベエを作ろう!
    講師:樋口 健太郎 先生(北区立十条富士見中学校) 応募期間:10月11日-11月2日
    開催日:11月25日(土) 参加証送付:11月6日の週
  • 浮き沈みでプラスチックを区別しよう
    講師:宮内 卓也 先生(東京学芸大学) 応募期間:12月4日-12月20日
    開催日:1月20日(土) 参加証送付:12月下旬
  • 音の不思議
    講師:牧野 順子 先生(品川区立荏原第六中学校) 応募期間:2月2日-2月20日
    開催日:3月24日(土) 参加証送付:3月初旬

開催概要

名 称:
なぜなに? かがく実験教室
会 場:
科学技術館 4階 実験スタジアム(102-0091 東京都千代田区北の丸公園2ー1)
対 象:
小学1年生〜4年生
開催日:
2017年5月27日、7月15日、9月30日、11月25日、
2018年1月20日、3月24日(すべて土曜日)
時 間:
45分(延長の場合もございます)
1回目(13:30〜14:15)
2回目(15:00〜15:45)
定 員:
各回40名
費 用:
無料(参加者と保護者1名の入館料も無料となります)

《注意事項》

  • 時間は45分ですが、延長の場合があります。
  • 保護者は、参加者を「実験スタジアム」までお連れ下さい。
  • 保護者は立ち見となります。
  • 参加者ではない兄弟姉妹も教室へ入室できます(入館料が必要)。
  • PRや取材等で写真やビデオで撮影します。予めご了承願います。
  • 落選の連絡はしていません。
  • お申込みはその都度となっております。

《お問い合わせ先》(科学技術館へのお問い合わせはおやめください)

「夢・化学-21」委員会事務局
(一般社団法人日本化学工業協会 広報部内)
電話:03-3297-2555(10:00-12:00、13:00-16:00)

▲ページトップ